保健師の求人はどうやって探せばいいの?

産業保健師の求人先の傾向



産業保健師は将来的にますますニーズが拡大するとみられて、保健師求人サイトの求人数も増加傾向にあります。企業で仕事をする社員の衛生管理や健康増進をするために産業医と協力体制をとり職場環境の整備をします。 産業保健師の役割は社員が適切に仕事ができるようにサポートすることです。

こういった将来性のある産業保健師ですが、ここでは産業保健師の特徴と求人先の傾向の変化についてご紹介しようと思います。

(1)劣悪な職場環境を強いられる過労死対策(2)心理的疾病・肉体的疾病の早期発見とケア(3)労働災害問題対策など幅広い分野で、こういった問題を早期に発見して産業医や産業保健師を設置することが企業にとって会社を守もる死活問題視されてきてます。

従来までの産業保健師の仕事内容は労働災害や事故の予防がメインでした。 しかしながら現代社会はもっと多方面な仕事に移り変わってきています。

(1)生活習慣病対策
(2)雇用不安によってまきおこる職場環境のトラブル対策
(3)パワハラから引きおこされるうつ病へのフォロー
(4)企業の国際化に伴う海外での病気
(5)新型ウイルス対策

このように産業保健師の仕事は多様化しています。 企業側には産業保健師を適切に設置しておくメリットがあります。 労災申請がスムーズにできますし、裁判沙汰に発展するかもしれない案件を未然に防止できるわけです。 こういった理由から産業保健師を設置することに積極的な動きを見せる企業が増えています。

これまで保健師といえば、過半数の人達が行政など保健所や市区町村で仕事をすることでした。 保健師の仕事は公的サービスのイメージだったのです。 けれども、こういったイメージは次第に過去のものになってきており、最近では民間企業で産業保健師のニーズが急速に高まっており、保健師転職サイトの求人案件も増えてきました。

同時に、保健師の中でも産業保健師として力を発揮したいと考えたり興味をしめしている人も増えています。 以上、産業保健師の特徴と求人先の傾向の変化をご紹介いたしました。

保健師求人~海外で保健師として働く~

英語を活かして働くことができる職場はたくさんありますが、身に付けた語学力を活かして海外で働きたいという人もいるでしょう。英語を話すことができる場合、選択できる職場も広がります。もちろん、英語だけでなく様々な国の言語を身に付けておけば、それだけ活躍できる場所も広くなるのです。

職場によっては、職員の中に外国人がいるということで、外国語のスキルを必須としているところもあるようです。高い語学力が求められる職場で働く場合、研修先として海外の支店が選ばれることもあるので、求人に応募してから外国語を身に付けるのではなく、応募前にマスターをしておく必要があります。

海外で保健師資格を活かして働ける職場といえば、例えば日本人学校などが挙げられます。 日本の文部科学省が管轄する職場となるわけですが、日本人学校であれば日本人であること・保健師であることというふたつの魅力を活かして働くことができますね。

海外で保健師として働きたいと思っているのであれば、まずは高い語学力を身に付ける必要があります。 単語が分かる程度の語学力では、働くことができません。ビジネス英会話だけでなく、日常生活でのコミュニケーションが取れる程度の高い語学力が必要となる場合が多いので、職場探しの前に外国語のスキルアップを目指しましょう。

どのように求人情報を探せばいいのかというと、これは転職支援サイトを活用するといいですね。 ただ、海外の募集情報というのはあまり数が多いため、登録したからといってすぐに見つかるわけではないようです。

転職支援サイトでは非公開求人というものを取り扱っていますが、たまに非公開求人として好条件の海外勤務が紹介されることがあるので、頻繁にチェックしておきましょう。

しかしながら、保健師の資格を取得してすぐに海外に渡ってしまうというのはあまりおすすめできません。やはり、最初は外国人患者が多い施設などで経験を積み、それから海外で働くことを考えたほうがいいでしょう。

ストレスなく働ける保健師の職場とは?

保健師に限った話ではありますが、職場の環境が問題でストレスを溜めこんでしまう人もいますよね。 そこで、まずは求人を探す際にどこを重視するのかについて考えてみましょう。

求人情報を比較する際に、多くの人がチェックしていると思われるのが給料などの待遇面です。 しかし、いくら条件が魅力的な職場であったとしても、そこだけを重視して職場選びをしてしまうのはおすすめできません。

やりがいを持って働ける職場であるかどうかということも大切ですが、働きやすさについてもよく考えておきましょう。保健師の仕事が長続きしなかったという人の中には、仕事が難しかった、大変だったという人よりも、ストレスが溜まってしまって耐えられなかったという人のほうが多いようです。

つまり、ストレスフリーで働ける職場を見つけることができれば、長く楽しく働ける可能性が高くなりますよね。一口にストレスといっても様々な種類があります。 特に大きな問題に繋がりがちなのが、人間関係のストレスです。

中には癖が強い人もいますが、これは転職支援サイトなどでよく情報を確認しておくのがおすすめです。 転職支援サイトでは働いている人たちの中身まで理解していることは稀ですが、好条件でありながら頻繁に求人情報が出ているような職場は理解しているはずです。 そういったところは、癖の強い先輩がいる可能性が高いですよね。

次に、職場環境が問題となるストレスについても考えてみましょう。 とにかく残業が多かったり、休日出勤を強要される職場では、どうしてもストレスが溜まりやすくなります。いくら給料が高くて人間関係が良好だったとしても、こういった職場で長年働くのは難しいのではないでしょうか。

それから、仕事内容が自分に合っているかという点も考えておかなければなりません。 あまり人と話すのが得意ではないものの、高いコミュニケーション能力が必要となる職場だった、じっとしているのが苦手なのにデスクワークが中心だったということになれば、働きながらストレスを感じることになってしまいます。

↑ PAGE TOP