保健師の求人はどうやって探せばいいの?

保健師として仕事をする場合の給与水準

保健師の仕事を目指す場合に気になるのが給与水準でしょう。 看護師の国家試験に合格してさらに保健師の国家試験に合格しなければならないです。

過酷な試験地獄を過ごすのですから、それなりのお給料はいただきたいと考えるのは当然です。 ここでは保健師として仕事をする場合の給与水準についてお話をしたいと思います。

保健師の給与水準は他業種と比較すると安定してます。 都市圏や地方などによる地域差などがあるのですが大雑把に考えると年収ベースで400万円~500万円で推移しています。

中には保健師の経験を長く積んでいて上の役職に就いている人達は多くの給与もらっている場合もあります。 行政保健師・養護教諭として働く学校保健師は公務員ですから一番安定しています。 毎月支給されるの給与水準は他の公務員職と比較しても決して高くはありません。

給与相場は看護師のほうが高くなりますが、これは看護師が各種手当がつくことが多いことが理由になっています 特に夜勤をしている交代勤務の看護師の場合は、夜勤手当だけで月額数万円の手当になり給与水準は上がります。

看護師と比較すると残業や夜勤が少ないのが保健師の仕事の特徴ですし、だからこそ保健師になる看護師もいるほどです。給与額だけで比較した場合には大規模な病院勤務の看護師のほうが高くなることは否めません。

民間企業で勤務する産業保健師の場合でも一般社員と比較すると立場的にも賃金的にも安定を得られ優遇されているケースが多いです。

大手の一部上場企業で勤務する保健師で勤続年数をそれなりに経て保健師をまとめるようなリーダー的ポジションになったり福祉厚生関連の役職におさまるポジションとなるとかなりの年収が期待できます。 一般的には公務員よりも少し相場が落ちる程度にはなるでしょう。

以上、ここでは保健師として仕事をする場合の給与水準についてお話をしいたしました。 正職員以外で、臨時職員の身分で自治体の市区町村の保健センターで保健師として勤務する場合もあります。

この場合も時給の相場は一般的な主婦がパート・アルバイトをするよりは随分と高い水準になります。 時給換算で1000円以上は支給されるのが一般的です。

↑ PAGE TOP