保健師の求人はどうやって探せばいいの?

保健師と看護師はどのように違いがあるのか

保健師助産師看護師法に基づいた国家資格であると言う点では保健師も看護師も同じです。 保健師になるには看護師国家試験に合格し、さらに保健師を養成する課程を学んだ上で保健師国家試験に合格しなければなりません。

ここでは、保健師と看護師はどのように違いがあるのかを整理しておきましょう。 保健師は看護師資格がありますから看護師として仕事することもできます。 基本的には保健指導を行うことが保健師の主な業務です。

一方看護師の主な役割は医師の診療行為の補助をすることや患者さんに適切なアドバイスをすることです。 基本的には診察や処置の際にあわせて行う行為になります。

保健師資格は国家試験に合格しなければ名乗ることはできない決まりになっています。 保健指導は保健師の役割とされていますが「保健師でなければ行えない」ということではないです。 病院内で看護師が適切にケースに応じて患者様に衛生指導や健康指導は行っても問題はありません。

また勤務する職場も異なるのが保健師と看護師の違いでもあります。 看護師の場合、勤務場所の大半は医療機関です。 最近では福祉関係の施設でも看護師のニーズがあります。 老人ホームでも看護師資格を持っている人材を募集しています。

一方保健師の方はどうでしょう。 ほとんど病院などの医療機関で仕事することはありません。 一部の病院では入院患者・外来患者・ご家族などに健康相談や健康指導をするため保健師が在籍しているところもありますがレアケースです。

「役所」「保健所」「保健センター」といった行政機関や一般企業や学校が保健師が活躍する場です。 保健師は地域住民や労働者学生の健康増進や健康管理を目的にして仕事をします。 学校の養護教諭の場合は、学生の急病や怪我の応急処置をしなければいけないシーンもあるでしょう。

一方、行政保健師や企業保健師は様々な業務を行います。 企業保健師は従業員の健康状況の書類をまとめるなど一般社員としての仕事も期待されています。 以上、保健師と看護師はどのように違いがあるのかを整理しておきました。

↑ PAGE TOP